うるツヤ美肌に効果的な入浴方法

うるツヤ美肌に効果的な入浴方法

毎日の入浴法を少し変えるだけでうるおいに満ちた美肌を作ることができます。

 

しかし入浴の仕方を間違えると、逆に乾燥や肌荒れを悪化させる原因にもなるため、
正しい知識のもとで入浴することが大切です。

 

今回は、うるツヤ美肌に効果的な入浴方法をご紹介します。

 

長風呂は逆効果

 

湯船に長時間浸かれば浸かるほど保湿効果があり、肌が潤いを吸収しやすいと思っている女性は多いでしょう。
実は長風呂は美肌にとってまったく効果がありません。むしろ肌の乾燥を悪化させてしまいます。

 

長時間湯船に浸かっていると、肌の潤いを保つ保湿成分の「セラミド」と「皮脂」が
お湯に流出してしまい、肌の潤いが失われてしまうのです。

 

また、入浴でたくさん汗をかくと毛穴のデトックスになるというのも間違いです。
汗を分泌する汗腺と、皮脂腺となる毛穴はまったくの別物なので、何の関連もありません。
それどころか、汗をかきすぎる事によって多汗症になってしまう可能性もあります。

 

お肌にダメージを与えない入浴方法

 

30分以上の入浴は避けましょう。
ぬるめのお湯(具体的には38〜39度ほど)に10分から20分浸かるのが理想的です。
さらに保湿効果のある入浴剤を使用することで肌の乾燥を防ぐことができます。

 

42度のお湯に浸かるのは1週間に1日だけ

 

42度のお湯に浸かると、熱さという刺激によって「ヒートショックプロテイン」というたんぱく質が作られます。
ヒートショックプロテインには肌の不調を修復する作用があるため、美肌に大変効果があります。
このたんぱく質の効果をより引き出すために、風呂上がりに服を着た上から毛布をかぶり、
10分間ほど体全体を保温しましょう。

 

ただし、42度の入浴を毎日続けると、熱刺激に体が慣れてヒートショックプロテインが
作られなくなります。熱いお風呂に入るのは、1週間に1回程度にとどめておきましょう。

 

湯船に浸かる前にメイクを落としたら保湿を

 

メイクを落としてから湯船につかる場合は、パックや化粧水や乳液などで保湿をしてから
お風呂に入りましょう。メイクを落としてすぐの肌は、肌に必要とされる油分まで落としてしまっている状態なので、
とても乾燥しています。

 

そのため保湿ケアをせずに湯船に浸かると、体温の上昇によって毛穴が開き、肌内部の水分が蒸発しやすくなります。
また、肌の角質内部にある天然保湿因子のアミノ酸やミネラルなど、水となじみがよく保水効果のある天然うるおい成分(NMF)が
流れ出してしまうので、さらに肌が乾燥してしまいます。

 

風呂上がりにはしっかり保湿ケアしよう

 

お風呂から上がった後はしっかり保湿ケアをしましょう。
入浴後は肌の油分も落ち、毛穴が開いて水分が奪われているため、肌がとても乾燥している状態です。

 

体は軽く拭くだけにして、肌が少し潤っている状態のままボディクリームやスキンケアクリームを塗りましょう。
しっかりタオルドライしてしまうと、肌の乾燥を悪化させます。

 

肌が濡れた状態で保湿ケアをしたくないという方は、濡れタオルで体を優しく拭いてから
クリームを塗りましょう。これだけでもかなりの保湿効果が期待できます。