日焼けをするとシミができる可能性が高くなる

日焼けをするとシミができる可能性が高くなる

外まわりの営業をしているため、陽射しによるシミには特に気をつけています。

 

 

たった一日で日焼けしてしまいますし、日焼けは必ずシミに至ります。車の中でも焼けてしてしまいます。日が直接当たっていないからといって油断できません。曇りの日でも日焼け対策は必須です。仕事中はスーツだったりすると、帽子をかぶったり傘をさしたりすることはできません。よって日のもとに置かれ、シミができる可能性が高くなります。

 

 

焼けてしまうことは仕方ない時もありますが、焼けてしまった後のケアを十分に行なうことは後からでもできます。美白ローションをたっぷりつけて、肌をヒートダウンさせます。手のひらでいっとき馴染ませパックのように温める感じで、化粧水が肌に浸透するようにします。ローションの中でも美白に力を入れているローションを使用します。

 

 

化粧水、乳液、美容液と、ホワイトニングシリーズでできれば通して使えるといいです。メラニンを抑え、朝晩美白にこだわります。まずはメラニンを増やさないように予防することから始まりますから、朝はきっちり洗顔して余分な油脂を除いて、化粧ノリをよくします。化粧水、そして必ず乳液をつけて、化粧を崩れにくくします。

 

 

サンスクリーンをつけるのはもちろんですが、やはり汗をかくと化粧が崩れてしまい、日焼け止めも落ちてしまいます。それで、こまめに化粧直しをします。油取り紙で油脂を拭き取りBBクリームとUVフェイスパウダーで日焼け対策をします。

 

化粧直しをこまめにしても火には当たっていますから、どうしても焼けてしまいますから、そんな時は赤いものを食べます。メラニンを抑えると言われています。暑い夏の間にトマトが出回りサラダとしてたくさん食べられるのは、よく出来ているものです。